読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、サービス売って家買うんだ

正直このペースで作ってればいつか2-3億で売れるのがポっと出来るんじゃないだろうか

Facebook の Bot Api で出来ること, ポリシーまとめ

翻訳 api Facebook

Facebook がBotを開発できるMessenger Platformをローンチしました。

今回は、その詳細を記した「How To Build Bots for Messenger」を翻訳しながら、Bot Apiで出来ることを探っていきたいと思います。

始める前に

いつから使えるの?

Messenger Platform は 2016年4月12日から使えます。
作成後は、FacebookのReviewを経て、ユーザーに使ってもらうことが出来ます。

ポリシー周りの注意点

Reviewでは、ガイドラインやポリシーに沿っているかどうかをチェックします。特に気をつけなければならないのは下記の点です。

  • 広告を掲載しない。
  • チャンネル登録やページヘのLike誘導の禁止
  • 有料コンテンツの提供
  • 400,000インプ以上のアクセスは別途対応の可能性あり
  • Call-to-action のリンクは別アプリへの誘導を禁止

より詳細はこちらを参考にしてください。結構丁寧位に作られていて、下記のように画像付きで解説してくれています。 f:id:hayato1986:20160414210142p:plain

Messenger Platform の概念

Facebookはデベロッパーに、メッセージを「ユーザーと繋がる場所」として捉えて欲しいです。
Messaging Platform はツールで、デベロッパーが提供するのは Experienceです。

Bots for Messenger で出来る3つのこと

1. Send/Recieve API

テキスト, 画像, ラジオボタンの送受信を提供します。もちろんCall to Action の設定もできます。

2. Generic Message Templates

ユーザーはボタンを押したり綺麗な画像を見たりするほうが、コードを描くよりも好きなはずです。そのためFacebookは、構造化されたメッセージ、垂直スクロール、URL、ポストバックを作成して提供します。

3. Welcome screen + Null state CTAs.

メッセージスレッドをあなたのアプリだと捉えてください。そのため、あなたの作るアプリはウェルカムスクリーン(初期画面)を持ち、ユーザーにBotの特徴を伝えることが出来ます。

ユーザーはどこであなたのBotを見つけるのか?

Facebookが提供しているWeb Plugin を使ってください。

Messenger Codes

どこにいるかは重要ではありません。もっと言えば、オンラインかオフラインかでさえ。
コードをスキャンするだけでMessengerのスレッドが立ち上がります。 名前をメモして、友人申請をして、会話を開始する、そんな必要はありません。

Messenger Links and User names

方法はコードだけではありません。パーソナライズされたリンクを発行することで、オンライン上のどこからでも、あなたとリンクを開いた人との会話がスタートします。
コレで同じ名前だから間違って、なんてこともなくなりますよね!

また、Shopify, Zendeskなどのツールとも連携しています。

さあ、はじめましょう!

こちらからどうぞ。

その他:Natural Language Assistance

こちらは現在英語のみの取り扱いになります。The wit.ai は自然な会話をするBotを作成するのに役立ちます。

※2016.04.14 22:00 まだ使えなかったorz

f:id:ie-kau:20160414215728p:plain

※2016.04.15 11:00 Fixed

f:id:ie-kau:20160415105145p:plain

対応はやい〜

関連記事

www.ie-kau.net

www.ie-kau.net